伝授します

私はこのノウハウを構築するまでに少なくとも300万円以上使っています。

諸々の健康器具(最高で80万円、サプリメント、諸々のプログラム・・・)

お恥ずかしい話ですが挙げだしたらキリがありません。

「健康オタク」と揶揄されながら色々試しました。

通信販売で買った器具がダンボールを開けないまま家の隅っこに置いてあります。

しかし、300万円以上費やしたおかげでやっと本質に気づき独自のメソッド

を構築することができました。

正直な気持ちを言えば、

「300万円使ったんだから300万円下さい」

と言いたいです。

しかしそれは私が勝手に使ったお金でありあなたには関係ありません。

いくらプログラムが簡単で高価な器具が必要なく、それでいて効果はハンパないとしても、

あなたから300万円を頂くのはフェアではありません。

そこで、このノウハウの参加費をどれくらいにすれば良いのか・・・

とても悩みました。

眼精疲労に陥ったことのある人なら分ると思いますが、
症状がひどいとその日1日ディスプレイを見ることすら出来ません。

会社勤めしている人ならそれが理由で長期休職になり、家に引きこもらざるを得ない状況になっている人も多いはずです。

単純な計算ですが仮にあなたが、月給31万円だとしたら1日仕事ができないことによる損失は1万円です。

眼精疲労が解決出来ない状況が続くのであればさらに損失はふくらんでいきます。

それをたった眼精疲労のせいでディスプレイを見れない1日分の損失約10000円(教材は9800円)の投資でこれから先に光が灯るのであれば買わない理由が見当たりません。

また、眼精疲労になると疲労感を伴う頭痛、首凝り、肩こりがつきまといます。自分へのご褒美としてマッサージに通っている人もいます。

マッサージ屋に行くと安いところでも60分2980円ですよね。

眼精疲労を解消して凝りを解消しないかぎり毎回通うランニングコストは馬鹿になりません。

安いマッサージ店に通うのを約3回我慢すればこのプログラムを買えて普遍的に凝り、痛みを改善する方法を得ることができます。

マッサージ店でその場では楽になってもすぐに元に戻ってしまう気休めを続けるのか、メソッドを実践して普遍的に凝り、痛みを解消して眼精疲労を改善したほうがいいのかどちらが賢い選択といえるでしょうか?

さらに、私は以前ある尊敬する先生に

「何でも100倍にして返しなさい」

という言葉を頂いたのを思い出しました。

逆に言えば私が300万円使ったということは、その100分の1である

「3万円」で提供するのが最も良いのではないかと思ったのです。

もちろん私も普通の人間ですので「3万円では勿体無い」という気持ちが無い訳ではありません。

しかし、4年前の私と

同じ悩みを持つあなたの手助けをしたい

という気持ちももっています。

あの苦しかった頃を思いだすと、今のあなたの苦しみを救ってあげたいと強く思います。

そこで決めました。

このメソッドの参加費は9800円にします。

安いですが、それでいいです。

同じ苦しみを持つあなたが、それで救われるならそれで良いと思っています。

しかし、1つだけお願いがあります。

3ヶ月後・・・あなたは眼精疲労を克服して生まれ変わっていると思いますが、その時には一言で良いので感想を聞かせて欲しいのです。

もちろん強制ではありません。

気が向いたらで良いので感想をメールなどで送ってくれるとうれしく思います。