あなたが克服できていない理由

あなたはこれまで数々の眼精疲労対策を試してきたと思います。

例えば、

ホットアイマスク、軽い運動、マッサージ、つぼ刺激、蒸しタオル、

、ゆっくりお風呂につかる、サプリメント、錠剤、鎮痛剤の服用などなど、

数々の対策をしてきたことと思います。

そしてすべて決め手になる対策はありませんでした。

だからこそ今このサイトを読んでいます。

今でもあなたが眼精疲労に悩んでいるのはあなたのせいではありません。

あなたが決め手となる解決策に辿りつけなかった原因は2つあります。

1つ目は「小手先の対策を教える人」しか知らなかった事。

ネットの情報やテレビで宣伝している錠剤を試した経験がある人も多いと思います。

しかし残念ながらネットの情報やテレビや雑誌に掲載されるサプリメントには効果がありません。

なぜならそれらのほとんどは「出た症状に対して小手先で行う一時しのぎ」

にすぎないからです。

また、サイトにでてくる情報を試してみたのでしたら、そのサイトを

よく見ていただきたいのです。

たぶん、何かしらの広告だったり、商品紹介だったりで収益の出るサイト

になっているものが多いと思います。

それらのサイトは利益をだすことが目的のサイトなのです。

彼らは、あまり効果のない方法でもサイトを上位表示させるという意味ではプロです。

眼精疲労の専門家ではなくビジネスマンなのです。

金の亡者なのです。

そんな人たちが紹介する方法をいくら買ったり、試してもよくなることなんて

ありません。

一時的に症状が緩和したとしてもまた再発します。

人体の仕組みを理解して土台から体質改善した結果として眼精疲労を克服する方法を知っている私のような研究者基質の人は世の中にいるものです。

「本物の情報」を持つ人間は、テレビCMや雑誌などに広告を掲載しません。

正しくは健康に関する本物の情報が大々的に表にでることはほとんどないといったほうがいいかもしれません。

本当に人の健康を救う「本物の健康法」はテレビやCM含め多くの国民が見るような場所に露出することはありません。

なぜなら、メディアの収入源は考えてみていただきたいのですが、

彼らは広告費によって成り立っています。

医学界や製薬業界という巨大なスポンサーを敵にまわしてまで制作するわけないからです。

私が紹介する本物のメソッドたちは、拍子抜けするほど費用もかからず老若男女誰でも実践可能な内容です。

それでいながら、めちゃくちゃ元気になります。

現役のお医者さんが指摘する通り、現代医学は1割の急性病を治すことはできても9割の慢性病を治すことはできません。

私がお伝えする本物の数々のメソッドで眼精疲労をはじめ数々の慢性病が治ってしまったら医学界も製薬業界もオマンマ食い上げです。

例えば、約80年前に「ロイヤル・レイモンド・ライフ博士」という人が癌をはじめあらゆる病気を周波数を使って完全に治してしまう方法を構築しました。

痛みも費用もかからずに末期がんを 100 %完治させてしまう治療法の存在が明るみに出てしまうことを恐れた医薬品業界は彼を抹殺するべく動きます。

まず米国医師会の株式をすべて所有していたモーリス・フィッシュベイン氏は

ライフ博士の治療法の独占権を得るために買収しようとしました。

しかし、ライフ博士はそれを断ります。

その後、ライフ博士の研究所からフィルムや写真や研究書類の多くが盗まれました。しかし、容疑者が逮捕されることはなかったのです。

そして、ライフ博士の研究を後押しするため、何億円もかけて設立されたニュージャージー州のバーネット研究所が何者かにより放火されたのです。

さらにライフ博士の貴重な顕微鏡は何者かによって破壊され、 5682 もの部品が盗まれました。

結果敵にライフ博士は廃人に追い込まれ彼の「本物の治療」は抹殺されたのです。

彼の「本物の治療」は今の時代になっても完璧に再現できていないといいます。

この一例が示すように本物の治療や健康法は簡単で費用もほとんどかからないことが多いゆえに金儲けには適していません。

「そんなすごい治療や健康法ならもっと世の中に認知されているはずだ」

という疑問を持たれる方もいるかもしれません。

しかし、利権にならないものは厚生省も認めないので大々的に認知されることもないのです。

金の亡者が作った商品や対策をとっている。

これが多くの人が眼精疲労を解決できない1つ目の原因です。

2つ目の原因は「経験したことがない人」が紹介している方法を行っている事です。

つぼマッサージや温める、運動して血液循環をよくするなど

これらの方法は確かに間違いではないです。

私も眼精疲労で悩んだ初期はこれら「小手先の対策」もやりました。

しかし、根本的な解決にはなりませんでした。

私の場合は治さないことには死活問題となりましたのでとにかく必死に

勉強と実践を繰り返しました。

そう、実際に経験したことがない人でないと眼精疲労のつらさ、深刻さが分からないため内容が薄っぺらくなってしまうのは致し方ありません。